Gallery Max New York

CURRENT & UPCOMING

upcoming exibition

EIJI UEMURA The Art of Pearls
-Unprecedented design

November 21 - 27, 2019
Special Event at The Nippon Club
145 West 57th Street, New York, NY 110019
10:00am-6:00pm, Thu-Wed, Closed Sun.
Opening Reception: Thursday, November 27, 2019, 6:00pm - 8:00pm
Artist Talk: 6:30pm-7:00pm
RSVP: maxfuji@gallerymaxny.com

Because everyone is different -THE ART OF PEARLS

Eiji Uemura believes that every pearl —just like each individual— is different, and unique. Nearly 100 years ago, humans began creating perfectly rounded “cultured” pearls making them unique in comparison to natural pearls.
Eiji has taken a new modern approach —cultured pearls should each be different, maintaining a more natural shape. Pearls, like people, do not need to be the same.

Eiji Uemura is a third-generation successor of Uemura Cultured Pearls. Starting with a popular pearl necklace with perfectly rounded pearls, Eiji’s natural sensibility and fire led to the innovation of unique pearl jewelry as wearable art.

The innovative nature of Eiji's concepts includes newly designed pearls with traditional Makie (Japanese Lacquer sprinkled with gold and silver powder), Kiriko (faceted), and a combination of pearls with Kurochiku (Black Bamboo) as well as rubies or diamonds. He has also challenged himself to produce oversized pearls, uncommon shapes like cubed pearls, the world's first indigo dyed pearls, and more.

During the exhibition (with the exception of November 21), Eiji Uemura will meet you personally to show and demonstrate how to wear his pearls to greatest effect.

Reservation: maxfuji@gallerymaxny.com

世界にひとつしかないパールの輝きと形に魅せられて

海と森に囲まれた穏やか湾、三重県・南伊勢の豊かな自然が育んだ真珠の深い光沢。
真珠の神秘に魅せられたEiji Uemura。上村真珠養殖の三代目として彼の創作活動は、一粒ずつ の真珠が持つ表情と個性を理解し、さまざまな形でその魅力を引き出すことです。
真珠を身に付け、あるいは身の回りに置くことで、心豊かな時間が広がることを願って Eijiは作り続けます。自然からの贈り物を届けるために.....

伝統と新しさの融合から生み出される、世界初の神秘的アート

Eijiは世界で初めて、真珠に漆で文様を描き、純金・純銀などの金属粉を蒔きつけて付着させる 蒔絵の伝統技術を真珠に施し、アートとして完成させた第一人者です。 また、真珠の表面に これも日本の伝統工芸でもある切子をほどこし、真珠に躍動感あふれる現代的な感触を付加。
世界初の「本藍染め真珠」も開発しました。さらに、 特殊な技術で、四角い真珠や神秘的な輝き を放つ 世界でも例のない22mm以上の大きな真珠を作る事にも成功しています。
「私は、常に新しい発想で新しい事に挑戦していきたいと思っています。」と語るEiji。
「パールって、おもしろい」

11月21日を除く展示期間中、事前にご予約いただければ、Eijiが個別に対応ご案内いたします。 真珠の持つさまざまな世界がより身近になる、またとない特別なチャンスです。
パールって、おもしろい!ぜひご参加ください。
お問い合わせ、ご予約はマックス藤島(maxfuji@gallerymaxny.com)まで。


upcoming exibition

MUTSUKO SASAKI
Natural Indigo Dye Artisan from Japan

December 3 - 7, 2019
Tue-Sat, 11:00am-6:00pm, Thu-Wed, Closed Sun. & Mon.
Opening Reception: Tuesday, December 3, 2019, 6:00pm - 8:00pm
Artist Talk: 6:30pm-7:00pm

Mutsuko's mission is to rediscover the traditional natural indigo dyeing process which was established and developed around 1600 AD in Edo (Tokyo) Era.

The easiest natural indigo dyeing process is to simply place Indigo leaves on clothes and pound the leaves into the cloth. Another dyeing method is to grind fresh leaves and add water to make liquid dye. There is also a more difficult dyeing technique called Chinden-Ai which is the most popular form today.

An even more complex dyeing method called Sukumo involves fermenting the indigo leaves. The fermentation process is a multi-layered dyeing technique with additional processing, composting, and effort that preserves the dye and gives a deeper, concentrated pigment.

Mutsuko is fervently dedicated to the traditional fermented indigo dyeing process. Sometimes, she works day and night with the "live" fermented indigo using the same time- consuming process established in 1600AD.

本藍染師・佐々木睦子 
江戸時代からの伝統を引継ぐ「本藍染」に魅せられて

2020年のオリンピックロゴに「Japan Blue」として藍が採用され注目を集めた藍染め。 藍染は、日本古来から続く染め物技法です。
徳島・阿波の江戸時代に確立された伝統技法「天然灰汁( あく)発酵建て」を忠実に再現した 「本藍染」。7年前、着物の着付け講師をしていた佐々木睦子は、本藍染の世界に深く魅せら れ、本藍染めの第一人者である矢野藍秀氏に師事。「伝統の色と技術を世に広め、後世に伝え たい」という師と同じ思いを胸に、本藍染師の道を日々真摯に歩んでいます。
本藍染は、化学薬品を一切使わず、100%自然の材料のみで手間暇かけて根気よく染め上げる 方法です。染めた色もよく観察すると、化学染料によって一挙に染めてしまったものと異な ります。

叩きそめと言われる藍染は、藍の葉を布の上に置き叩いて染めます。これが一番「原始的」 な染め方です。他に沈殿藍と言われる沈殿させたものを使って染める方法。藍を発酵させて 染める方法などいろいろあります。中でも藍の葉を発酵させて作る「蒅(すくも)」に木灰汁、 石灰、日本酒を加え更に発酵させて作る「天然灰汁発酵建て」で染めたものは、生葉で染め たものより色持ちが良く、濃く味わい深い色に染め上がります。しかし本藍染はあまりに手 間がかかりすぎるため、現在では日本の藍染めと呼ばれる中でも1%未満となるほど激減、 貴重な染め物となっています。
「生きている」藍と対話をしながら、手間暇かけて根気よく染料を作り上げ、染め上げていく 本藍染には「ほんもの」の美しさが宿っています。

藍を何度も染め重ねることで生まれる赤みがかった藍色「勝ち色」の効果

日本の伝統文化でもある「発酵」という微生物の力を借りて染める「本藍染」は、管理が難し く、大変に時間と労力のかかる染め物です。しかし色の美しさだけでなく、「薬効身に纏う」と も言われ、抗菌・抗酸化作用(消臭)をはじめ、消炎・鎮痛作用、保温・保湿・遠赤効果、 肌を活性化させ自然治癒力を高める作用、紫外線防止効果、防虫効果などの効果も報告されて います。江戸時代、武将が鎧の下に「勝ち色」と呼ばれる濃く染めた藍染めの衣服を着たのも そうした効果があったからだと言われています。

「本藍染」がニューヨークで

天然灰汁発酵建てによる本藍染の作品の数々をぜひニューヨークで手に取ってご堪能ください。 手織り寝具、衣類、シルクストール、タペストリー、バッグ、インテリア製品等が展示されま す。また、南伊勢の真珠アーティストEiji Uemuraとのコラボレーションによる、世界初「本藍 染の真珠」もご覧いただけます。
即売もいたします。
12月3日のオープニングレセプションでは「本藍染」についての講演も行います。


upcoming exibition

Second Annual Exhibition
PRINTS ON B’DWAY

December 10 - 21, 2019
11:00am-6:00pm, Tue-Sat, Closed Sun. & Mon.
Preview: Tuesday, December 10, 4:00-6:00pm
Opening Reception: Saturday, December 14, 3:00pm - 6:00pm
Kayo Albert • Canaco • Vassilina Dikidjieva • Max Fujishima • Kazuko Hyakuda
Atsuko Kawai • Show Ota • Akemi Takeda • Yukie Yasui • Yayoi Yokoyama

PRINTS ON B’DWAY shows the world of subtlety and depth in art, featuring a great variety of medium, technique, and texture such representations as in etching, lithograph, silkscreen, digital graphics, and photography, through which ten artists reflect their sensitivity and aesthetics on their pieces clearly.