Gallery Max New York

CURRENT & UPCOMING

upcoming exibition

植山慎太郎 /マックス藤島 写真展
「月とニューヨーク」
MOON AND NEW YORK
— Two Photographers Exhibition

October 18 - 29, 2022
11:00am-6:00pm, Tue-Sat
Opening Reception: Tuesday, October 18, 6:00 - 8:00pm
Artists Talk: 6:30 - 7:00pm

"Moon in New York"
by Shintaro Ueyama

I take photos of New York's landscapes to show the beauty of each season and I first began photographing the moon in 2011. Since then I have taken many landscape photographs of the moon rising over our city and the “Moon in New York” has been a steady theme that combines with my original ideas.

My work has two focuses, the first is to place the landmarks of New York in the camera frame, and the second is to capture the moon's surface (Rabbit pounding rice cakes) within the same shot. So in other words, my work is not a composition. I also tend to include supermoons as another recurring theme in my photography. When I take photos of the moon in its various sizes, angles, and styles, I always feel amazed by its beauty in real life.

At last, I hope you can feel the same way as me when you see my work.

♦ Shintaro Ueyama was born in Nara Prefecture, Japan. He is a graduate of St. Andrew’s University / Bachelor of Sociology. Awards: International Photography Awards 2021 Honorable Mention “A Newyorker” / International Photography Awards 2022 Official Selection “Synchronicity”

"Wish You Were Here —Manhattan,1974~1993"
by Max Fujishima

Fujishima captures and expresses the relentless flow of time, and the moments that exist in the interface between the photographer and the subject on the other side of the lens.

“Wish You Were Here,” an extraordinary series that constitutes Fujishima’s life work, began as a series of photo- graphs of the Empire State Building, captured from another high-rise over the course of 20 years.
“One day,” he explains, “glancing out from an expansive window in the direction of downtown, I happened to catch a glimpse of the Empire State Building. I see it all the time, but in that moment an unconscious impulse drove me to pick up my camera. I was captivated.”

“Wish You Were Here” expresses the profound relationship formed in precious moments between the photographer and his subject.

♦ Max Fujishima was born in Mie Prefecture, Japan. He is a graduate of visual design from the Department of Fine Arts and Crafts at the Tokyo National University of Fine Arts and Music. While working as the creative director of an advertising agency, he pursued photography on the side before devoting himself to it full time in 2003.

"Moon in New York"
by 植山 慎太郎 (Shintaro Ueyama)

もともと風景写真を撮っていた植山だが、2011年 にスーパームーンを撮影して以来、ニューヨークに昇る月に魅せられ、「月とニューヨーク」をテーマにすぐれた感性で現在も写真を撮り続けている。

特筆すべきは、全ての展示作品は合成ではなく1度のシャッターで、ニューヨークのビルと月の表情を画角内 に映し込むという“1枚撮り”にこだわって撮影していることである。ことに12年間のスーパームーンの ディテールとランドマークビルが一体化した写真はこのテーマの代表作であり圧巻である。

今回は、普段なかなか見られない、さまざまな大きさや角度から月を捕らえた作品も数多く展示。 フォトグラファーが撮影現場で、月光を浴びながら心動かされた瞬間“神秘のチャンス”に共感を覚え、感銘を 受けることだろう。

♦ 奈良県出身。桃山学院大学社会学部卒業。 2004年に渡米、2010年から現在までフォトグラファーとして活動。2011年からニューヨークの スーパームーンを撮り続けている。 受賞歴: 202“1 A Newyorker”IPA(International Photography Awards) にてHonorable Mention 受賞。 202“2 Synchronicity”IPA(InternationalPhotographyAwards)にてOfficialSelection受賞

"Wish You Were Here —Manhattan,1974~1993"
by マックス藤島 (Max Fujishima)

今回展示する"Wish you were here--- 1974~1993, Manhattan"は、20年間に渡り、ニューヨークのある 高層ビルからエンパイアステートビルディングを撮り続けた、藤島のライフワークとも言えるシリーズからの 抜粋である 。

日々、あわただしく動き続けるマンハッタン。そこで暮らす人々の頭上にこんなにも大きな空と自然が広がって いたことを改めて気づかせてくれる作品群である。

藤島の作品の最も大きな特徴は、それが自然の風景であれ、建造物であれ、その場でシャッターを押したはずの 作家の創作意図や思惑が写し込まれていないことである。作家の気配が消えているため、作品を見る人が、 目の前に広がる風景を自分だけが見ているように感じるのである。それこそが、"Wish You Were Here" の めざす地点である。

創作姿勢について藤島は、「時間に身をまかせること。自然が自ら創り出すドラマをただひたすら待ち、その瞬 間をあるがままに、しかも絵のように撮ることができれれば最高です。」20年間同じ対象と向き合い、撮影する 主体が持つストーリーを読み取り表現した、壮大な時間の流れに触れるチャンスといえる。

♦ 三重県出身。東京芸術大学美術学部工芸科ビジュアルデザイン卒業。1973年に渡米、2003年から写真創作活動に専念。今回展示するエンパイア ステートビルディングシリーズ、ピラミッドシリーズ、東北・桜シリーズ、中国・桂林シリーズなど、ニューヨークを拠点に制作、発表を続けている。